保険の仕事をする時に必要な募集人資格とは?

保険募集人資格とは、保険を販売する仕事をする際に必要な資格です。

生命保険会社だけでなく、損害保険会社、代理店、銀行などの金融機関、保険を扱う仕事をするには、資格を取得しなければいけません。

保険募集人資格は保険業界共通の教育制度で、保険会社で働く人が最初に取る資格です。

保険の募集を行うには、生命保険、損害保険それぞれの一般試験を受ける必要があります。

保険業界は常に勉強!
継続教育制度もあり、ステップアップしながら資格を取得していきます。

【生命保険の場合】

一般課程

専門課程:
(「ライフコンサルタント(LC)」取得)

応用課程
(「シニアライフコンサルタント(SLC)」取得)

大学課程
(生命保険協会認定FP「トータルライフコンサルタント(TLC)」取得)

※その他

変額保険販売資格試験

【損害保険の場合】

損保一般試験

・基礎単位

・商品単位(自動車保険、火災保険、傷害・疾病保険)

損保大学課程

・専門コース
 (「損害保険プランナー」認定)

・コンサルティングコース
 (「損害保険トータルプランナー」認定)